興味から言葉へ

好きなスポーツチームの成績を調べたり、分厚い料理本のレシピを全て作ったり、世界レベルのガーデニングをする人たちの技術について友達と話したり、といったことに何時間もかけられてしまうときはありますよね。そのとき、人がほぼ知らないようなことについて、細かい部分まで思い出せると思います。それらを習得するのに、努力をしていると感じたことはあったでしょうか。

子どもたちにも、幼い頃から、興味のあるモノとあまり興味のないモノがあります。子どもたちの興味のあるモノを活用するのは、言葉のスキルを育てる上でとても良い方法です。私たち大人は、自分の興味のあること―たとえばスポーツ、料理、ガーデニングなど―についてなら誰かともっと話したくなりますが、子どもたちもそうなのです。もし子どもが犬に興味があると思ったら、犬についての会話を始めてみましょう。公園で見た犬がどんな犬だったか話すのもいいし、犬のキャラクターが登場する本を読んでもよいでしょう。特に考えずに話題を振るよりも、大好きなものについて話をする方が、子どもたちは集中して聞くでしょうし、それらについてもっと知りたがるはずです。いつの間にか、大人が使っている言葉を習得するでしょう。

そして子どもたちは想像以上に、楽しいひとときを過ごすことができるのです!

科学的な参考資料:

Hassinger-Das, B., Toub, T. S., Hirsh-Pasek, K., & Golinkoff, R. M. (2017). A matter of principle: Applying language science to the classroom and beyond. Translational Issues in Psychological Science, 3(1), 5–18. https://doi.org/10.1037/tps0000085

Bloom, L., Tinker, E. (2001) The intentionality model and language acquisition: Engagement, effort, and the essential tension in development. Monographs of the Society for Research in Child Development, 66(4),1-89.

Ackermann, L., Hepach, R., & Mani, N. (2020). Children learn words easier when they are interested in the category to which the word belongs. Developmental Science, 23(3), e12915.



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です